太郎吉蔵とは

太郎吉蔵について

北海道滝川市の滝川駅近くにある太郎吉蔵は、商業地として繁栄を誇った頃の歴史を伝える貴重な建築です。
1926年に五十嵐太郎吉(1879~1937)が五十嵐酒造店の醸造米の貯蔵倉庫として建設し、銘酒「滝の誉」と「滝の友」を売り出しました。 美瑛軟石と推定される木骨石造り約170平方メートルの建物で、戦後、醸造業から撤退した後は食料品問屋、株式会社五十嵐商店の倉庫として1970年まで使われました。
多くの貴重な建造物が取り壊される歴史の中で、2004年、特定非営利活動法人アートチャレンジ滝川が、この蔵を魅力的なプラグラムが展開される空間として再生し、芸術イベントの開催、五十嵐アート塾の会場、さらには地元を始め、希望の方々に貸しホールとして使っていただく活動を始めました。2009年、「再生名建築 時を超えるデザイン」鹿島出版会に掲載。2010年、滝川市指定文化財に指定。

太郎吉蔵改修設計チーム

建築改修設計:中村好文/建築家
照明計画:東海林弘靖/照明デザイナー
外構計画:斉藤 浩二/ランドスケープアーキテクト
扉および換気塔彫刻制作:五十嵐威暢/彫刻家
改修計画報告書デザイン:原研哉/デザイナー